スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

発達障害グレーゾーンの僕が人間関係で苦労した話。気持ちを切り替えた話

発達障害で人間関係がうまく行かず、環境に馴染めない人達に伝えたいこと

 

僕は毒親に育てられ、適応障害で苦しみ、不登校になっていたけれど、そもそも発達障害があったんだと思う。

 

発達障害グレーゾーンだ。

 

発達障害の人は、変わった人に見られるけれど、僕がまさにそうだった。

どこかポイントがズレていて、人の言葉の受け止め方もズレてしまっていた。

自分の感情の出し方も変わっていたし、人の言っている意味もわからず、誤解を招いていることがけっこうあった。

 

生きづらさをずっと感じてきたけれど、大人になって当時を振り返ってみると、まさに僕は発達障害(グレーゾーン)だったんだと気づいた。

 

  • 何をするにも一人が気楽で疲れなかった。
  • 人の話を聞くよりも、自分の話をしてしまう。
  • 同じことを繰り返すことが好きだった。
  • 丁寧に話しても、相手に失礼な物言いになって受け取られていることがあった。
  • 小さな音に対して異常に敏感だった。
  • 変な集中力があって、何時間も没頭することもあった。
  • 相手の表情を見ても、その人が感じていることや考えていることがわからなかった
  • 人の感情がまず理解できず、意図していることを読み取ることが苦手だった。

 

こういった性質の子供でした。

だから人間関係も苦手で、人と感情を共有しづらい特性が、僕に生きづらさを感じさせたのだと思う。

これでは周囲と人間から、浮いてしまうのも無理はないなと思う。

 

適応障害になるのも当たり前だし、不登校になるのも当然だった。

他にも親への割り切れぬ思いもあったり、学校不信もあったけれど。

 

 

僕は途中で救われたけれど、発達障害の人は、自分の生き辛さの原因をはっきり自覚しないまま、人間関係が悪化し続けている人も現在進行系でいると思う。

自分は頑張って周りに合わせようとしているのに、意思の疎通がうまくいかないし、仕事や作業でミスやトラブルが続いてしまう。

そして、いつも同じミスを繰り返すと、周囲の人から忌み嫌われるようになる。

僕もその経験があったから、人間関係が苦手だった。

 

 

生きづらさを感じているだけならまだいいけれど、うつ病や社会不安障害になってしまうと、仕事もできなくなるし、社会生活が難しくなる。

かといって、人間関係や仕事がうまくいかないままだと、転職しても同じことを繰り返してしまう。

自分に自信をなくしてしまう。

 

 

僕も学校生活が全くうまく行かず、クラスが変わっても同じ状況に陥っていた。

そうなると、クラスの環境だけが悪いのではなく、自分が悪いと思うと、生きている事自体に苦痛を感じてしまう。
自己嫌悪や自己否定がひどくなると、生きていて楽しくない。
周囲から浮いたり攻撃されたりして、自己承認欲求を満たせないから、うつ病や適応障害になるのはしょうがないことだと思う。
発達障害って、とにかく人間関係がうまくいかない。
発達障害の人の多くは、自分を否定せざるを得ない部分を持っていると思う。
人から理解されてこなかった人生なのだから。
自分を認められない。
生きていてこんな苦しいことってない。
まして、発達障害の人もみんな認められよう、溶け込もうと努力してきたのに。
僕は自分の個性を含めて受け入れることができた。
こんな自分でいいやと思えたら、すごく楽になった
人と違うことが個性で多様性だと自分を肯定できてから、自己承認欲求も満たせるようになった。
もしも発達障害の人がこのブログを読んでいたら、得意不得意の凸凹を個性だと捉えて下さい。
人間だから苦手なことがあって当たり前。
普通のことが人よりできなくても、その個性を否定することはない。
凹があるなら、凸もある。
凹を避難してくる人間の言葉を受け止める必要もない。
自分の特性と個性をしっかり把握し、平らになることを押し付け無理難題をふかっけてくる環境ならば、自分からおさらばをしたほうがいい。
そこでいくら頑張って適応しようとしても、個性や特性を無視してくる所で頑張るだけ無駄。
自分を殺して生きるぐらいならば、放浪して別の安住の地を見つければいい。
必ずいつか自分を認めてくれる合った環境(職場や学校、地域)に出会えるはず。
僕はやっと見つけることができた。
自分を否定されるの外野で自分を押し殺して生きるぐらいならば、そんな環境はこちらから願い下げだ。
いくら環境に合わせても、絶対に自己否定する時が来る。
自己承認欲求を満たし生きながら、環境が自分に合わせてくる、こんな状況が一番理想だ。
それが見つかるまで、自分を押し殺さずに、常識を超えて生きてほしい!
僕が人間関係がかなり楽になった方法があります。
1