スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ロストワンとアダルトチルドレンは心の病気と神経症をもたらす だから過去の浄化が必要

自分は登校拒否になるまではとてもいい子を装っていました。

なるべく親の負担にならないように、迷惑をかけないように、自分を押し殺して、自分のやりたいことを抑圧して必死で生きてきました。

 

なんでこういうロストワン型のアダルトチルドレンになってしまったのかと言うと、ズバリ父親、母親の責任です。

機能不全家族で育てられた自分は、自分の居場所がなく愛情不足も感じて、孤独と寂しさを抱えて成長しました。

 

ロストワンだったために、集団生活でも馴染めることができず、表面的にうまくやろうとした分だけ、自分をなくしていったんだと思う。

なるべくトラブルがないように生きたかったけれど、どうしても周囲と浮いてしまう自分もいて、常に自分を認めて生きることができず苦しかったですね。
だから登校拒否や適応障害にのちのちになってしまったのは無理からぬ事なんだと思います。
アダルトチルドレンやロストワン自体は病気ではないけれど、うつ病や社会不安障害、不登校、適応障害になっていくベースとなるのは、それ自体とても病的でやばい状況です。
ロストワンやアダルトチルドレンを克服するためには、ずっと抱え込んできた抑圧を抜いてやることが一番でした。
寂しさ、孤独、愛情不足、怒り、哀しみ、ストレス、これらをすべて吐き出さない限り、心は消耗しきってボロボロにされていく。
過去を克服しないまま、明るい未来はやってこない!
絶対に!

 

スポンサーサイト

コメント